タグ「演奏用ロングスカート」が付けられているもの

ロングスカートの 裏地の決め方は 表地のバランス動きを仮縫いで確かめてから 裁断し作り込んで行きます。

表地と一緒に 裁断をしないのですか?

ドレスの場合も スカートの場合も 仮縫い後に 分量やスタイルが決まってから 裁断に入ります。

それは 裾回し分などが 楽器演奏に支障があったりした時などは 分量を調節しなけれらばなりません。 

演奏者の動きや演奏楽器により ドレスのゆとり分や 裾の分量が違いますので これで良しとなってはじめて裏地の用意をします。

 

450-g2.jpg


      スカートを裏側にして裏地の様子 分量、丈を確認します。

 

裏地のパターンは 表のシルェットにひびかない様に分量か控えめにして 裏地用のパターンで裁断をします。

 

450-g.jpg


表のウエストにギャザーがある場合 裏地は タップリギャザーが必要な場合は裏地もギャザーを入れます。

控え目の場合は裏地をウエストタックにして分量を抑え 表にひびかない様に仕上ます。

グリーンチェック柄の演奏用のスカート チェック柄のオーガンジーは タテ、ヨコの柄合わせを一番注意しなければなりません。

前中心のスカートのパーツを一番として 脇スカート、後ろスカートと 順に柄をあわせて裁断をします。

DSCF0811.jpg

半身スカートの柄合わせの状態です。

 

DSCF0813.jpg


オーガンジーのように透ける素材は縫い代を袋状に仕上ます。 先ず表を外側にして一度縫い 縫い代を整えます。

 

DSCF0814.jpg


縫い代を包む様に なか表にして二度縫いをします。

オーガンジーの様に透けた素材は ロック始末は表から見えて きれいではありません。 このように袋縫い始末をします。

次に アンダーになるサテン地も同じように展開をします。