タグ「手作り子供ドレス」が付けられているもの

チェックオーガンジー、 無地オーガンジー生地は 透ける素材として重宝していますが 

ドレス作りには必ず裏地の使用が必要です。

 

裏地代わりに 透けないサテン生地を重ねて 裏地の代用する事も出来ます。

(本来はきちんとさらに裏地を付けて下さい)

 

子供ドレスで サテン地とチェックオーガンジーの重ね縫いをご紹介いたします。

450-P1.jpg

身頃のパターンで サテン地と チェックオーガンジーを裁断します。

 

450-P2.jpg

裁断パーツを重ねます。 

1、片端をピンで止めます。(後ろ身頃は背中心 前身頃は前中心)

2、上に乗せた生地にゆとり分が必要になります(同寸法では縫い上がって事下の生地がたぶるため)

  ゆとり分は0.2~0.3mm位です。 裏返しをして端生地を折ると自然に ゆとり分が出ます。

3、ヨコ地 とタテ地 両方にゆとり分が必要です。

4、 ピン止めだけで不安な時は 軽くしつけをします。

 

450-P3.jpg

生地がずれない様に ミシンを掛けます。 

目立つようなチェック柄の場合は裁断地に柄合わせが必要です。

小さめのチェック柄は 無地のような扱いでもかまいせん。

 

450-P4.jpg

生地の重ね縫いは身頃だけになります。 裏地を付けない場合 縫い代端をロックミシンをかけます始末をします。  

スカート部分の生地の重なりは 別々にスカートを縫い(縫い代をロックミシン始末をします) ウエストのギャザーで二枚の生地を一緒にします。

 

【注意点】生地を重ねた場合の身頃は 仕上がった時に 生地が一枚に見えるよう仕上がる事が ポイントです。

      表生地のゆとり分は 多すぎても 少なすぎても きれいになりません。

      しつけをかけて 接ぎ部分をピンで止め仕上がりの様子を確認すると良いでしょう。

      一箇所 一箇所を丁寧にする事が きれいな仕上がりのドレスになります。

 

 衿ぐりは見返す始末です。 衿ぐり見返しは 生地は重ねません。 

 

お母様の手作りのドレス 発表会に向かうお子様方もワクワクで 練習に一生懸命です。

仕上がりを楽しみになさっています。 

がんばって 手作りドレス挑戦なさってください。

      

 

 

ピアノの発表会 ヴィオリンの発表会 また およばれなど お子様のドレス着用が多くなる季節になってきました。

今回は お母様の手作りドレスで 可愛くお披露目いたしましょう。

 

無地のオーガンジーよりも チェック柄の方が可愛らしさが増し 作り方も簡単なので お薦めいたします。

2012_0302kiji40037.JPG

写真は ブルーオーガンジーに2.5cx2.5cのチック柄を白コードで織りだしています。

ボディーは 100サイズボディーにピンワークしていますので チェック柄がみえます。

遠さ名お子様から 大人の方まで ご利用いただける 生地です。 

生地の表面はナシ地で 少しざらつきのあるオーガンジーです 大変軽く ソフトで張り感もありますので

ギャザーをタップリ入れた ドレスが大変可愛い印象を与えます。 

オーガンジーの透け感がありますので 裏地又は 同系色のサテン地などを合わせて下さい。

2012_0302kiji40032.JPG

色を濃く表現したい場合は アンダーに同系色のオーガンジーを合わせるとより 深みのブルーになります。

裏地は必ず付けて下さい。 オーガンジーの縫い目は固くなり肌に痛く触りますので、 特にお子様のドレスは注意下さい。

 

【注意点】 お子様のドレスは なるべく肩や小さめの袖があるデザインが良いと思います。

       お子様をけがなどから守る為 上半身の露出はなるべく少なくして下さい。

       えりぐりが開き過ぎない方が 見た目にも可愛いく見えますので

       既製品は要尺を詰め お値段に反映するので スリップタイプや ノースリーブタイプが多いです。

 

 お子様の手作りのドレスは 要尺にはあまり影響しませんのでタップリのご使用が可愛いです。

 さあ~がんばって 手作りに挑戦してください。

 生地の販売は こちらからになります!