タグ「子供発表会ドレス」が付けられているもの

同じ素材を用いて発表会用のドレスを作る場合 可愛い色合いの物 は 大人ドレスも子供ドレスも作る事は可能です。

 

姉妹でお揃いのドレスで演奏会に出たり 母娘でお揃いのドレスでの演奏会に挑戦されている姿は なんとも微笑ましいものですね。

オーガンジー生地など 透ける素材の物は 下や上に重ねる別色で 新しい色を作り出す事が可能です。

 

サーモンピンクのボーダーオーガンジーの生地をご紹介いたします。

450-p11.jpg

大人用のドレス   

ピアノの発表会や演奏会ドレス またはブライダルのカラードレスとしてご利用いただける

上品なサーモンピンクのボーダーオーガンジーです。

ふっくらギャザーが似合います。

 

450-p12.jpg

子供用ドレス

お子様のピアノ発表会ドレス やおよばれのドレスにご利用いただけます。

ふっくらギャザーと 小さめの袖が可愛いです。

 

450-p13.jpg

ボーダーオーガンジー生地は 張り感や透け感があり ドレスに派最適です。 

この透け感を利用して 色を工夫する事が出来ます。

500-p.jpg

同じ素材のボーダーオーガンジーの下に 別色の裏地を重ねています。 

左はサーモンピンクの裏地 右はアイボリーの裏地を合わせています。

このように 合わせる色を工夫すると  子供の雰囲気と大人の雰囲気が違って演出する事が出来ます。

 

オーガンジーの透け感を利用すると 少しおしゃれな雰囲気を作ることが出来ます。 

単にドレスを作る事だけではなく 自分好みの色を作る事は 手作りドレスならではの醍醐味ですね。

 

ほんのちょっとした工夫だけだ よりこだわりの手作りドレスをお他のしみ下さい。

 

生地の販売は こちらからお入り下さい!     お問い合わせ TEL 076-278-7008 へお気軽にどうぞ!

お子様のドレス ピアノ発表会、ヴィオリンの発表会 そして結婚式のおよばれやフラワーガールなど 

お子様のドレス姿は華やいだ場面には重宝され 可愛さと華やかさで会場が一変に明るくなりますね。

そんな会場で華やぐのは やはりピンク系で 一番の人気の色がピンクです。

 

若いお母様方は 大人色をお子さんに着せる傾向が有りますが 華やかなステージや 

会場をイメージしますと やはりお子様ドレスはピンクが一番になります。

 

お子様ドレスのピンクの入門編からお話いたしましょ。

 

先ず 子供ドレスの年齢層に合った素材、柄があります。

小さいお子さんには 優しい色合いや 小柄があいます。

子供発表会ドレス 写真のドレスは 園児の100サイズ位までのデザインです。

淡いピンク系のチェック柄オーガンジーに 同系色のピンクサテン地の組み合わせです。

裏地を付けるとお子様には大変着やすいのですが 少々面倒な方には サテン生地を透けない素材をお選び下さい。

子供ドレスの可愛らしさは リボンやフリルなど 装飾品をいっぱい付けることもポイントです。

 

スカート部分は どんなに小さなお子さんでも 台形に上下に少しカーブを入れると可愛いスカートの広がりになります。

 

2012_0221pinkudoresu0029.JPG

チェックオーガンジー生地は 白とピンクの0.7cのチェック柄になっていて 透け感があります。

裏側には 同系の生地を当てるとピンクやよりやさしい雰囲気を出します。

 

800-pinku.jpg

写真は ご注文頂いた 参考ドレスです   円断ちのフレアースカートはボリュームいっぱいに広がり 可愛らしさを強調しています。

お子様のドレスはスパンコールなどよりも 共生地のリボンが可愛く なじみます。

 

生地はこちらから お求め頂けます!

そろそろ お子様の発表会 ピアノやヴィオリンなど 音楽教室の発表会の季節になって来ました。

 

今回は お母様が ドレス作りに挑戦なさいませんか?

 

先ずは 色や柄で好感が持てて 失敗しないものが良いですね。 

色は 春先は やはりピンク色が雰囲気が良く人気の色です。

オーガンジーはドレス生地には最適で 無地よりもボーダー柄が扱いやすいです。

 

お子様の発表会ドレスはスカート部分にボリュームがあれば 大変可愛く見えます。

ドレスの場合は普段の洋服と違い 華やかさが必要になりますので お子様のドレスは華やかさはスカートの雰囲気で決まります。

タップリフレアーやタップリギャザーが華やかさを出し ステージ映えがします。

 

ピアノの実力もと共に 華やかなドレスはお嬢様方のやる気が出て 良い結果に結びつきます。

ここはお母様の腕の見せ所となります。

 

今回のご紹介は ピンクボーダー柄を円形断ちにした 子供ドレス(小学低学年向き)に作ってみました。

 

2012_0218nikannj0026.JPG

スカート部分を円形裁ちにすると 生地にバイヤス面が出て フレアーがきれいに出ます。 

ボーダー柄もバイヤス柄になり ちょっと高級感のあるドレスに見えます。

 

縫う事も大事ですが 生地の選択 生地をどのように扱うかを先に決めていると 次のステップがスムーズに動き ぎこちない仕上がりがなくなります。

先に設計をし イメージを組立ててから作業に入ると イメージ通りのドレス作りが可能になります。

生地を裁断する前に  どの部分にどのような柄が来るかを 確認して 裁断にお入り下さい。

 

身頃、袖は横ボーダー柄をそのまま使用 前身頃と後ろ身頃の脇での柄合わせは必要です。

スカートは円断ちフレアーなので 柄合わせは必要ありません。

 

アンダー生地は 同色のサテン生地を使用しています。(厚地の裏地も可能です)

 

スカート部分にたっぷりの分量が必要な場合は アンダーにチュールでボリュウームを出すか 

またはチュールだけを別にしたパニエをおましになる事をお薦めいたします。

 

◎ボーダー柄は無地よりも 縫い目が目立たなく 仕上がりがきれいに見えます。