タグ「こだわり手作りドレスの工程」が付けられているもの

こだわりのドレス作りとは

 「手作りのドレスを作りたい  自分好みのこだわって既製品にない物を作りたい うちの娘だけが最高に見えるドレスを・・・」

 などなど と願望を大きく膨らませて 手作りのドレス作りに挑戦するため 色々準備をされますが

 こだわりのドレス作りは 一点物のドレス作りとは 異なります。

 

こだわる事とは ドレス美露土の物作りの姿勢をお話いたしましょう。

 

素材をこだわる デザインをこだわる 面白い演出にこだわる  など色々こだわる顔はありますが

最も大事ことは ドレスの仕上がりが いかにきれいに出来上がるかになります。

 

ご自分で作っていく工程は大変長いものですが 一つ一つの工程を丁寧にクリアーしていくことが 

本筋のこだわりの手作りドレスになります。

洋裁が始めての方も プロとして長年携わっておられる方も 物作りの姿勢は同じです。

 

ミシンの縫いだけが楽しい方は こだわりの物作りから少し離れるかもしれませんね。

【ここでは ドレス作り 初心者~少し経験有りの方への説明になります】

 

先ずは ドレス作りのスタートは 

1、作りたいデザイン画をイメージして描いてみます。 上手 下手は関係なく 描いて見る事でイメージが固まります。

2、次はパターン作りになります パターンは 市販の物や 雑誌の付録 またはスタイル本の後ろにある

  パターンを参考にご利用いただきます。

 ただし 出来合いのパターンそのまま使用では ご自分の作りたい物にはなりません。 

 着る人の体型 ご自分がイメージするデザインに手直しをします。 

 特に注意する点は身頃(上半身)になります 各々の顔がありますので 衿ぐり、胸まわり、肩巾、袖ぐり など

 パターン作成の時に検討する必要があります。

 用意した生地があれば 生地の風合い(張り感、垂れ具合 硬さ 柔らかさ)なども検討します。

3、裁断にはいります。 ほぼ出来上がったパターン(後ほど修正が入る)からの裁断には 少し多目の縫い代をつけます。

4、本縫いに入る前に 荒めの手縫いで仮縫い状態にします。

5、仮縫い状態で 着心地を確かめます。 カーブのある処など縫い代が多すぎると きれいなラインが見えませんので注意します。

6、仮縫い後に 不都合な点などをパターン修正をします。

7、修正パターンから もう一度裁断を きれいにし直します。

8、本縫いのミシンに入ります。  縫いは小パーツの接ぎあわせから順にします。(身頃仕上げ、スカート仕上げ)のようにします。 

9、まだ直せる状態の時に もう一度仮縫いをします。 全体の身幅やドレス丈 着心地などの確認をします。

10、衿ぐり、ファスナー付け、スカート丈などを確認して 仕上に入ります。

 

大まかですが このような工程を 一つ一つクリアーする事で ドレスの仕上がり大変きれいに 着心地の良いものになります。

 

簡単でも 難しいデザインでも ドレス作りの仕上がりの工程はこのような流れで作ります。 (プロのドレス作りは40~50工程あります)

仕上がり工程の順番がきちんと丁寧にこなされていれば 最終的には こだわったきれいなドレスになります。

 

仕上がりの工程が 行ったり来たりと順順になされていない時に きれいさを欠いたり 嫌気が出たりすると そのままドレスに現れます。

 

仕上がりの工程を 一箇所 一箇所丁寧に クリアーする事が こだわりの手作りドレスの基本になります。

 

物作りには短縮出来ない順序があって ものは作られてゆきます。  飛ばすと必ず逆戻りが発生し 時間がかかり 

きれいには仕上がりません。  手作り初めての方も この工程を順序良くこなすと 自然にきれいなドレスが出来上がります。

 

物作りの工程を 念頭に入れていただいて作業をすると 大変楽しく こだわったきれいな物が仕上がってゆきます。

 

まずは お試しくださいませ。