【生地・あざみやショップ】   【オーダードレス美露土】

襟ぐりの装飾位置などは仮縫い時に決めます。

ブラウスやジャケットに装飾を付ける場合は 仮縫い時にその位置を決めます。

華やかさが必要な時 襟ぐりや袖口にブレードや刺繍を入れたりします。

その位置を決めるのは 仮縫い時にその人の顔立ちや雰囲気に合っているかを良く確認をしなければなりません。

単にパターン上で決めた位置だけでは ブレードの巾や色の調和などが不似合の場合もありますので 仮付けをして 様子を確認します。

450-1eri.jpgブラウスの全体の仮縫いは必須ですが ブレードの装飾品を仕上がり線に乗せて 着る人の顔、肩 襟ぐり開き などの位置確認は必要です。

襟ぐりは特に 着る人により異なりますので 確認は大事です。

450cya-bi-zu-1.jpg襟ぐり位置が決まり OKになったら 仕上げのブレードとビーズ付けの装飾をします。

華やかな顔立ちの人には襟ぐりが 太くはっきり が似合いますので ブレードを二本付けやビーズの散らす範囲を広くしたりします。

装飾品は仕上がりをイメージして 仮縫い時に決める事がポイントになります。